LOG IN

gaicid イベント!

by disk union

11/23(水・祝)Girlsideにて、人力テクノを聴かせてくれる「galcid」イベント開催しました!

まずは、同じイベントに出演していた際に意気投合したという、saskiatokyoさんとのトークセッション!

イベント前にgalcidさんと軽くお話させて貰ったのですが、とにかく引き出しが多くて話が面白い!!
今はテクノ・アーティストとして活動されているgalcidさんですが、音楽はPUNKやHARD COREにも詳しく、海外で生活されていた時の事や、ご実家が鉄工場だというお話など・・
個人的に興味深い話のオンパレードで、ライブ前だという事を忘れそうになりながら質問攻めにしてしまいました。。
お忙しい時間だったにも関わらず、とても気さくに受け答えしてくれたgalcidさん。

トークセッションが始まると、saskiatokyoさんもまた雄弁で感心!
普段ライターのお仕事をされている事もあってか、とても分かりやすく丁寧な葉選びに加えて、時間配分やライブへの話の移行など、全ての進行をsaskiatokyoさんが何の打ち合わせなく担ってくれていました!
(ありがたい限りです・・涙)

前置きが長くなりましたが、肝心なトークの内容は主に「音楽」と「ファッション」。

スコットランドの伝統的なタータンチェックが好きだというgalcidさんにsaskiatokyoさんが、「PC等を使わずにアナログな手法でテクノを鳴らすオールドスクールなスタイルと、その伝統的なファッションが好きというのは、音楽とファッションがリンクしているのでは」というお話があり、「ファッションは音楽の可視化なのかも」という事を語ってくれました。

音楽の話では、「実際にお店に出向いてCDやレコードを手に取ると物欲が沸いてしまう。それで買って聴いて、そしてライブなどでアーティストと対面して実際話してみると『こういう人がこの音を作っているんだ、こういう話し方をするんだ』って発見があって、そこからまた音の聞こえ方が違ってきてより愛着が沸いたりする。
1曲だけダウンロード・・というのも良いけど、やっぱりモノで手に取って、ジャケットを見たり曲順も気にして聴いたりして欲しい。」(というような)お話をしてくださいました。

実際に、個人的にお二人とお話させて貰ってそのとても温かい人柄に、無機質な電子音を鳴らしているけどその無機質な音への愛と体温を感じて、すっかりファンになってしまったのでした。

二人のトークセッションはあっという間に30分が経ち、続いてgalcidさんのライブへ!

完全即興スタイルなので何がどうなるのか全く予想が付きませんでしたが、仕事を忘れてお酒のみながらガッツリ踊りたい衝動に駆られておりました。

この動画だと前半の途中までで最後にかけて盛り上がっていく部分がお見せ出来ず申し訳ないのですが、少しでもこの気持ち良さをお届け出来ればと思います!最高でした~!!

galcidさん、saskiatokyoさん、本当にありがとうございました!

担当:小泉


disk union
OTHER SNAPS